パリ 美術館

オランジュリー美術館|パリのセーヌ河岸

パリのオランジュリー美術館はチュイルリー公園内に建設された、19世紀にナポレオン3世が造った巨大なオレンジの温室を利用して作られた美術館です。1927年に印象派モネの作品を収めるために6年かけて大改装されました。 フランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」に含まれています。 オランジュリー美術館 別名「モネ美術館」 オランジュリー美術館はモネが80歳を超えて白内障を克服し光の変化を追求して描いた大作「...

続きを読む

グラン・パレ|パリのセーヌ河岸

フランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」にあるグラン・パレは1900年に行われたパリ万国博覧会のメイン会場として造られた建造物。シャルル・ジロー監督のもと、3人の建築家により1897年~1900年にかけて建築されました。 グラン・パレについて 高さ43mの鉄筋構造の丸屋根は当時の鉄骨とガラスの近代建築の見事さを感じることができます。 万博直後から展覧会が行われ、「フランスが世界に誇れるフランス芸術の...

続きを読む

プティ・パレ|パリのセーヌ河岸

プティ・パレは1900年のパリ万国博覧会の際に美術展示場としてシャンゼリゼ大通りの端に建設された、新古典様式の美しく小さな宮殿。 地下へと続く繊細な模様が施された手すりを持つ美しい螺旋状の階段や天井画やレリーフが配されたホールなどとても魅力的です。 パリ市立プティ・パレ美術館 イオアニ式列柱や彫刻が施されたファサードには大きな窓があり、建物そのものがフランス美術界の装飾美術を垣間見ているようで見応...

続きを読む

ルーヴル美術館|パリのセーヌ河岸

世界中から年間600万人以上が押し寄せるパリのルーヴル美術館。ここで目を奪われるのは、所蔵品の絵画や彫刻だけではありません。 訪れる人はまず、東西約700m、 南北約300mにわたる建物の壮大さに圧倒され、柱や彫像で装飾されたフランス・バロック様式建築の重厚さや、豪華な天井画に息をのみます。 フランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。 ルーヴル美術館の歴史 美術館とし...

続きを読む

オルセー美術館|パリのセーヌ河岸

フランスのパリにある、印象派の画家の作品が数多く収蔵されているオルセー美術館。世界遺産「パリのセーヌ河岸」に含まれているこの美術館は、ルーヴル美術館に次いでパリの人気美術館です。 オルセー美術館の歴史 パリの街に初めて鉄道が開通したのは、1837年です。その後次々に駅が造られ、19世紀後半には駅舎の建築がブームとなりました。 1900年にはブームの最後を華々しく飾るにふさわしい壮麗な空間としてオル...

続きを読む