ニュージーランドの世界遺産

トンガリロ山|トンガリロ国立公園

ニュージーランドの世界遺産「トンガリロ国立公園」は、同国北島中央部にあります。インド・オーストラリア・プレートの下に太平洋プレートが潜り込むことで形成された火山帯の上にある国立公園で、3つの活火山を有する公園です。 トンガリロ国立公園 1990年に世界自然遺産として登録されたトンガリロ国立公園は、地質学的・生物学的にも興味深い場所であるとともに、ニュージーランドの先住民マオリの聖地として、自然と彼...

続きを読む

ルアぺフ山|トンガリロ国立公園

ニュージーランドの世界遺産「トンガリロ国立公園」内にある3つの活火山のうちの一つルアぺフ山は、園内で最も火山活動が活発な山です。 ルアぺフ山とは 標高2797mを有するルアぺフ山は、3つの峰があり、その中の一つタフランギ峰が、ニュージーランド北島で最高峰です。ルアぺフとは、マオリ語で「音のする穴」「爆発する穴」という意味。1995年、1996年には大規模な噴火を記録しており、山の上部には噴火の際の...

続きを読む

ナウルホエ山|トンガリロ国立公園

ニュージーランドの世界遺産「トンガリロ国立公園」内にある3つの活火山のうちの1つナウルホエ山は、円錐形の形をしており、日本の富士山のような稜線をもつ山です。 ナウルホエ山とは 標高2291mのナウルホエ山は、2500年前に形成された火山と推測されており、トンガリロ国立公園内の3つの山で最も若い山です。ナウルホエ山は、ニュージーランドで最も連続的に活動している火山で、最後に噴火活動があったのは197...

続きを読む

フィヨルドランド国立公園|テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド

ニュージーランド南島南西部にある1905年に設立した総面積1万2500k㎡の最大の国立公園。太古から変わらない貴重なエリアで自然の驚異を体感することができます。フィヨルドランドという名前は、西海岸に切り込まれた14ものフィヨルド地形に因んでいます。10万年もの歳月を費やし氷河によって削り取られたU字型の深い谷に海水が入り込んだ景色と海からそそり立つ急峻の山々は訪れる人を魅了しています。 また、「ロ...

続きを読む

アオラキ/マウント・クック国立公園|テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド

アオラキ/マウント・クック国立公園は、ニュージーランドの南島のサザンアルプスの中にある総面積700k㎡を超える国立公園。「アオラキ」とはマオリ語で「雲を突き抜ける山」を意味し、ニュージーランド最高峰のマウント・クック(標高3754m)を含む標高3000mを超える19のピークと多くの氷河によって形成されています。 不安定な気象で、1年間の内約150日が雨。勇姿を見られるのは運次第で、晴れ渡った日に白...

続きを読む

マウント・アスパイアリング国立公園|テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド

マウント・アスパイアリング国立公園は、ニュージーランドの南島にある総面積3555k㎡の国立公園です。いくつもの山や氷河、渓谷、川や湖が織り成す優美な景色は見る人の心を奪います。 4つの国立公園から成る世界遺産「テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド」の構成要素の一つです。 冬の寒い日に標高の高い所に出来る雪田や雪が解けてしまった後のエメラルドグリーンに染まるプール、マウント・アスパイアリングの向こ...

続きを読む

ウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園|テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド

ウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園は、ニュージーランド南島の西海岸中央にある総面積1,175km²の国立公園です。海岸線からわずか10kmほどの距離にあるのに氷河を抱き、そこから見るタスマン海の眺めは言葉にならないほどの絶景です。 4つの国立公園から成る世界遺産「テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド」の一構成要素です。 1960年に設立された、雪を頂く山、原生林、氷河、茂みの野原、湖、川、...

続きを読む