ドロットニングホルムの王領地

中国離宮|ドロットニングホルムの王領地

バロック様式の庭園の一角にある中国離宮。ルヴィーサ・ウルーリカ王妃の誕生祝いにアドルフ・フレドリック王が贈られたものです。 18世紀の王族たちの生活風景を今に伝える貴重なスポットとして、1991年に「ドロットニングホルムの王領地」としてスウェーデンの世界遺産に認定されています。 中国ブームを色濃く感じる離宮 1753年にロココ調のエキゾチックな中国離宮が王妃に贈られました。この頃のスウェーデンは、...

続きを読む

ドロットニングホルムの庭園|ドロットニングホルムの王領地

ドロットニングホルム宮殿の敷地内にある、優雅さと気品に満ちた広大な庭園。バロック様式庭園と、更に広大なイギリス庭園が造られています。この庭園は秋になると黄葉に包まれ、クリーム色の宮殿をより一層引き立てます。 18世紀の王族たちの生活風景を感じられるドロットニングホルム宮殿、宮廷劇場、中国離宮と共に、1991年に「ドロットニングホルムの王領地」として世界遺産に認定されています。 美しい2つの庭園 一...

続きを読む

ドロットニングホルム宮廷劇場|ドロットニングホルムの王領地

王宮庭園の一角、ドロットニングホルム宮殿のすぐ近くには、18世紀に改築されたドロットニングホルム宮廷劇場があります。現在も夏には、当時のままの舞台装置を使ってオペラが上演されています。 18世紀の王族たちの生活風景を今に伝える貴重なスポットとして、1991年に「ドロットニングホルムの王領地」として世界遺産に認定されています。 現在も現役の宮廷劇場 1754年に建てられましたが、1762年8月25日...

続きを読む

ドロットニングホルム宮殿|ドロットニングホルムの王領地

ドロットニングホルム宮殿は、スウェーデンの首都ストックホルム郊外のメーラレン湖の小島、ローベン島に佇む、「北欧のヴェルサイユ」呼ばれる美しい宮殿です。 この宮殿は長い間使用されていませんでしたが、1982年より現国王カール16世が居城をストックホルムの旧市街の王宮からこの宮殿に移しました。現在、居城を除く一部が一般公開されています。 18世紀の王族たちの生活風景を今に伝える貴重なスポットで、199...

続きを読む