ドイツの世界遺産

ヴァイセンホフ=ジードルングの住宅群|ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―

ヴァイセンホフ=ジードルングの住宅群は、2016年「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の17件ある構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。 ヴァイセンホフ=ジードルングの住宅群とは ヴァイセンホフ=ジードルングの住宅群は、ドイツ・シュトゥットガルトにあります。1927年にドイツで開催された「ジードルングの住宅展」に出展された作品で、ル・コルビュジエの「近代建築の五原則...

続きを読む

ティーフルト城|古典主義の都ヴァイマル

1998年ドイツの世界文化遺産として登録された「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつであるティーフルト城は、ドイツ中央部に位置するヴァイマルにあります。 ティーフルト城とは ティーフルト城は、ヴァイマル郊外にあり、アンナ・アマーリア公爵夫人の末息子コンスタンティン皇太子が暮らした城館です。新古典主義様式で造られており、もともとはアンナ・アマーリア公爵夫人が夏の離宮として利用していました。 城...

続きを読む

エッタースブルク城|古典主義の都ヴァイマル

1998年ドイツの世界文化遺産として登録された「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつであるティーフルト城は、ドイツ中央部に位置するヴァイマルにあります。 エッタースブルク城とは A photo posted by Jens Tetzlaff (@jenstetzlaff) on Aug 18, 2015 at 10:20am PDT ヴァイマル市街を一望する標高478mの小高い丘に、エッター...

続きを読む

ヘルダー聖堂|古典主義の都ヴァイマル

ヘルダー聖堂は、ドイツの世界遺産「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつです。 ヘルダー聖堂とは ヘルダー聖堂は、1498~1500年にかけてペテロ・パウロ教会として建設されたゴシック様式の聖堂です。ヘルダーとは、神学者であり哲学者でもあったゲーテの師匠ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーのこと。ヘルダーは、ゲーテの推挙でヴァイマル公国宗務管区の総監督となり、1776年から彼が亡くなる1...

続きを読む

ヴィットゥムス宮殿(寡婦宮殿 / 未亡人宮殿)|古典主義の都ヴァイマル

ドイツの世界遺産「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつヴィットゥムス宮殿(寡婦宮殿 / 未亡人宮殿)は、ヴァイマル中心部にあります。 ヴィットゥムス宮殿(寡婦宮殿 / 未亡人宮殿)とは ヴィットゥムス宮殿は、寡婦宮殿または未亡人宮殿ともいい、寡婦とは、アンナ・アマーリア公爵夫人のことです。1775年、公爵夫人は、居城であったヴァイマル城が火災によって消失したため、ヴィットムス宮殿に移り住みま...

続きを読む

ゲーテ・ハウス|古典主義の都ヴァイマル

ゲーテ・ハウスは、1998年に世界文化遺産に登録された「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつです。 ヴァイマルとは ドイツ中西部にあるヴァイマルは、18世紀半ばから19世紀半ばにかけてゲーテやシラーなど多くの文化人が集まり、「ヴァイマル古典主義」といわれる文芸作品が誕生した文化と芸術の都です。 ヴァイマル古典主義の代表ゲーテ ゲーテは、ヴァイマル古典主義を代表する作家です。ゲーテは...

続きを読む

大公家の墓所と歴史的墓所|古典主義の都ヴァイマル

大公家の墓所と歴史的墓所は、1998年ドイツの世界文化遺産として登録された「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつです。 「大公家の墓所と歴史的墓所」とは 大公家の墓所と歴史的墓所は、総面積約5万㎡の敷地を有する墓所です。1823年カール・アウグスト公は、墓所の建設に着手し、翌年1824年に、ヴァイマルの城に収めてあった大公家一族の棺を移葬します。敷地内には、ロシア正教会の墓所もあります。 ゲ...

続きを読む

シラー・ハウス|古典主義の都ヴァイマル

1998年にドイツの世界文化遺産に登録された「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつが、シラー・ハウスです。 シラー・ハウスとは ゲーテ・ハウスから、わずか数百メートルの場所にあるシラー・ハウスは、1802年から1805年まで、シラーが家族とともに暮らした家です。シラーは、1799年ゲーテの招きによって、ワイマール宮廷劇場の顧問役としてヴァイマルを訪れます。そして、1802年シラー・...

続きを読む

ベルヴェデーレ城|古典主義の都ヴァイマル

1998年にドイツの世界文化遺産として登録された「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつが、ベルヴェデーレ城です。 ベルヴェデーレ城とは ベルヴェデーレ城は、ヴァイマルから南に約3kmの場所にあります。当初は、簡素な公爵家の離宮として建てられましたが、1724~1726年に贅沢なバロック様式の建物に改築されました。その後、1756~75年には、アンナ・アマーリア公爵夫人が夏の離宮とし...

続きを読む

アンナ・アマーリア図書館|古典主義の都ヴァイマル

アンナ・アマーリア図書館は、ドイツの世界遺産「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつです。 アンナ・アマーリア図書館とは アンナ・アマーリアは、ゲーテを招聘したザクセン・ヴァイマル公カール・アウグストの母で、夫である公爵が急逝後、摂政として息子が君主となるまでの間、ワイマール公国を治めた人物です。アンナ・アマーリア公爵夫人は、学問、芸術に大変造詣が深く、のちに「古典主義の都ヴァイマル」と称され...

続きを読む