タリン歴史地区

トームペア城|タリン歴史地区

エストニアの首都タリンは、13世紀前半デンマーク人によって築かれた街です。タリンという名も、エストニア語で「デンマーク人の街、要塞」を意味しています。 タリン歴史地区は、かつて貴族階級や騎士団が住んでいた“山の手”と商人が住む“下町” の大きく二つの地域に分かれています。 トームペア城とは 貴族階級や騎士団が住んでいた“山の手”にあるトームペア城は、かつてエストニア人の砦があった場所に、13世紀か...

続きを読む

大聖堂(トームキリク)|タリン歴史地区

エストニアの世界遺産「タリン歴史地区」山の手にある大聖堂(トームキリク)は、トームペア(タリンの山の手地区)の語源にもなった教会です。 聖母マリア大聖堂(トームキリク) 大聖堂(トームキリク)は、1219年にデンマーク人がトームペアを占領してすぐ建設した教会で、エストニア本土で最古の教会。聖母マリア大聖堂とも呼ばれています。創建当初は、木造の教会でしたが、その後石造の大聖堂が建立され、聖母マリアに...

続きを読む

アレクサンドル・ネフスキー聖堂|タリン歴史地区

エストニアの世界遺産「タリン歴史地区」山の手、トームペア城の目の前に立つアレクサンドル・ネフスキー聖堂。たまねぎ型のドームを持つ聖堂は、一目見てロシア正教教会であることが分かります。 アレクサンドル・ネフスキー聖堂とは 1901年当時の支配者帝政ロシアによって建てられたアレクサンドル・ネフスキー聖堂は、エストニアの人々にとって決して喜ばしい建物ではありませんでした。この聖堂は、エストニアの英雄の墓...

続きを読む

人類が築いた至高の美!造形美あふれる世界遺産5選

サマルカンド-文化交差路 文化の融合点として文化交差路の名が付いたこのカマルサンドはその名のとおり多種多様な文化が根付いており、澄み渡る青空とモスクの青色との壮観から「青の都」とも呼ばれています。また14世紀から15世紀にかけてはティムール朝においての首都として繁栄した歴史があります。しかしその後は20世紀初頭まで抗争や侵攻などで荒廃が進み他の国に占領をされていました。 この遺跡の象徴とも言える青...

続きを読む