セゴビア旧市街とローマ水道橋

これぞ大帝国!!古代ローマ遺跡の世界遺産5選

セゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン) ローマ帝国の繁栄を支えたのは建築物における技術力の高さにあります。セゴビアの水道橋の建設はその発展を支える大きな力にもなりました。古代ローマ人は水力を使うことに関して長けていたと言われており、事実水車などの建造跡が見つかっています。 →「セゴビア旧市街とローマ水道橋」のページへ ティムガッド(アルジェリア) 古代ローマの都市計画には碁盤目状の区画が導入され...

続きを読む

セゴビア大聖堂(カテドラル)|セゴビア旧市街とローマ水道橋

セゴビア大聖堂(カテドラル)は、セゴビア旧市街の中心マヨール広場にあります。 セゴビアは、1520年コムネロスの反乱(カルロス1世の絶対主義支配に対するスペイン都市の反乱)によって戦場と化します。その際、市民派は大聖堂を、国王派はアルカサル(王宮)を拠点とし、壮絶な戦いを繰り広げました。大聖堂を含む市街地は大きな損傷を受け、結果、国王派の勝利で戦いは幕を閉じました。 1525年にカルロス1世は、戦...

続きを読む

セゴビアの水道橋|セゴビア旧市街とローマ水道橋

スペインにあるセゴビアの水道橋は、古代ローマ人の高い土木技術を用い建設されたものです。古代ローマ人は属州となった都市に道路を造り、橋を架け、水道橋を築いていきました。都市のローマ化が目的で、その象徴の一つが水道橋だったといいます。 セゴビアは標高1,002mにあるため、18km北のフリオ川から水を引きました。地中に埋めた導水路以外、水の勾配は1%以下を保っています。全長813m、最高部の高さは28...

続きを読む

アルカサル|セゴビア旧市街とローマ水道橋

スペインにあるセゴビア旧市街のひときわ高い断崖に聳えるアルカサル(王宮)は、スペインで最も美しい城といわれ、ディズニー映画「白雪姫」に登場する城のモデルになっています。 セゴビアのアルカサル アルカサルは、ローマ時代に建築された要塞を起源とし、12世紀にカスティリャ王国アルフォンソ6世によって街の防衛強化のため改築されました。 アルカサルは、のちにスペインを統一することになるカスティリャ王国イザベ...

続きを読む