シントラの文化的景観

ペナ宮殿|シントラの文化的景観

ポルトガルにあるシントラの街を一望する標高528mの山の頂上に建つペナ宮殿は、赤や黄色、青色などの色鮮やかな建物からなる宮殿。「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。 ペナ宮殿は、多くの木々に囲まれているため、木々の緑が建物の人工美を際立たせています。 ペナ宮殿の歴史 この宮殿は、マリア2世の夫フェルナンド2世が廃墟となっていたジェロニモス会の修道院を、自分の理想とする宮殿にする...

続きを読む

シントラ宮殿|シントラの文化的景観

ポルトガルのシントラ宮殿は王家の夏の離宮であり、ポルトガル王家の美の結晶です。イスラム教徒が残した建物にディニス王が手を加え整備すると、その後、ジョアン1世(エンリケ航海王子の父)が増改築し、基礎を築きました。 シントラ宮殿は「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。 様々な建築様式が混在したシントラ宮殿 マヌエル1世の時代には、マヌエル様式の建物が増築され、その後の歴代の王も、そ...

続きを読む