サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

パッサージュ百貨店|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるパッサージュ(フランス語で”通路”を意味します)百貨店は、ネフスキー通りにある160年以上の伝統を誇る高級百貨店。また長年に渡って演劇芸術とも関連があり、今もコミサルジェスカヤ・シアターの本拠地です。 パッサージュの建設 この地域一帯では、18世紀初頭から商取引がおこなわれ、さまざまな店が立ち並んでいました。1846年、ここに...

続きを読む

ロシア美術館(ミハイロフスキー宮殿)|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるロシア美術館は、ロシアの美術館の中で最大のコレクションを誇ります。本館になっているミハイロフスキー宮殿は、皇帝パーヴェル1世が第4皇子ミハイル大公のために建設した宮殿でした。 設計はイタリア人建築家カリオ・ロッシによって行われ、19世紀初頭のロシア新古典主義建築の傑作です。内装は時代の変遷によって大きく変わっている部分もありま...

続きを読む

グランド・ホテル・ヨーロッパ|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるグランド・ホテル・ヨーロッパは、ネフスキー大通りとミハイロスカヤ通りが交差する場所にあります。ホテル・アストリア、ネフスキー・パレスと並ぶ五つ星ホテルです。1875年1月28日の創業以来、1991年までは、ホテル・エフロペイスカヤの名前で知られていました。 設計はイタリア人建築家カルロ・ロッシです。周囲とのバランスを考えて、1...

続きを読む

血の上の救世主教会|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれる血の上の救世主教会は、公式名をハリストス復活大聖堂といいます。「血の上の」と呼ばれるのは、1881年3月13日(ユリウス暦3月1日)の皇帝アレクサンドル2世暗殺によるもので、教会は皇帝遭難の地に建っています。 アレクサンドル2世の暗殺 暗殺されたアレクサンドル2世(1818-81)は、「解放皇帝」と呼ばれ、農奴解放を初めとする「大改革...

続きを読む

ストロガノフ宮殿|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるストロガノフ宮殿は、建築家バルトロメオ・ラストレッリの設計によるロシア・バロック様式の建築で、1753年から1756年にかけて建造されました。ネフスキー大通り17番地、モイカ川の畔にあります。 ストロガノフ宮殿の歴史 ストロガノフとは帝政ロシアの有力貴族ストロガノフ家を意味します。16世紀から20世紀の帝政ロシアにおいて、大商人、企業...

続きを読む

至聖三者大聖堂(トロイツキー大聖堂)|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれる至聖三者大聖堂(トロイツキー大聖堂)は、ワシリー・スタソフの設計により、帝政様式末期のスタイルで建設されています。 至聖三者大聖堂(トロイツキー大聖堂)とは? ロシアでは伝統的に帝国の連隊はそれぞれに大聖堂を持っていました。至聖三者大聖堂は、イズマイロフスキー連隊の教会でした。1733年7月12日、イコンを描いたダークブルーサテンの大...

続きを読む

マリインスキー劇場|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれているマリインスキー劇場は、オペラとバレエ専用の劇場です。マリインスキー劇場の起源は、1783年に女帝エカテリーナ2世の勅令により、オペラとバレエの専用劇場として開設された帝室劇場です。石造りであったため、「石の大劇場」(ボリショイ・カーメンヌイ劇場)の名で親しまれました。 1859年、アルベルト・カヴォスの設計により、ネオ・ビザンチン...

続きを読む

ニコラエフスキー宮殿|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるニコラエフスキー宮殿は、皇帝ニコライ1世(1796-1855)の皇子女のために造営されました。設計は宮廷建築家のアンドレイ・シュタッケンシュナイダー(1802-65)です。 ニコライ1世の第三皇子であるニコライ・ニコライヴィチ大公(1831-91)が成長した後、その居殿となりました。ニコライ大公没後は再び帝室の所有になり、18...

続きを読む

モイカ宮殿(ユスポフ宮殿)|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるモイカ宮殿(ユスポフ宮殿とも呼ばれる)は、最初、1770年ごろにフランス人建築家のド・ラ・モットによって建てられました。 その後、何年にも渡り多くの建築家の仕事が宮殿に加えられました。A・ミハイロフは、ユスポフが宮殿の所有者になった1830年代に建物を再建しました。これが現在の宮殿です。 1830年から1917年まで、宮殿は非...

続きを読む

マリインスキー宮殿|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれているマリインスキー宮殿は、イサーク広場をはさんで聖イサアク大聖堂の南、モイカ川の対岸にあります。 この宮殿は、ニコライ1世の第一皇女マリア・ニコラエヴナの結婚に際し、その贈り物として建造されたものです。 マリインスキー宮殿の歴史 1839年から1844年にかけて、宮廷建築家のアンドレイ・シュタッケンシュナイダーの設計により、造...

続きを読む