クロアチアの世界遺産

下湖群|プリトヴィッツェ湖群国立公園

エメラルドグリーンに輝く湖と滝が織りなす絶景が見られるクロアチアの世界遺産「プリトヴィッツェ湖群国立公園」には大小合わせて16の湖と92ヶ所の滝がります。公園は一般的に、上湖群と下湖群に分けられます。 下湖群は石灰岩の渓谷にあり、ミラノヴァッツ湖、ガヴァノヴァツ湖、カルジェロヴァル湖、サスタヴツィ湖の4つの湖があり、周辺はカルスト地形なので、洞窟や鍾乳洞が点在しています。標高が一番低いサスタヴツィ...

続きを読む

上湖群|プリトヴィッツェ湖群国立公園

エメラルドグリーンに輝く湖と滝が織りなす絶景が見られる公園「プリトヴィッツェ湖群国立公園」には大小合わせて16の湖と92ヶ所の滝がります。公園は一般的に、上湖群と下湖群に分けられます。ここでは上湖群をご紹介します。 プリトヴィッツェ湖群国立公園 上湖群の見どころ 公園西側の標高が高いエリアが上湖群と呼ばれています。海抜637mにあるプロシュチャンス湖、オクルグリャック湖、ガロヴァツ湖、グランディス...

続きを読む

ディオクレティアヌス宮殿の前庭|ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

約1700年前に建設されたディオクレティアヌス宮殿の南門から北へ進み地下を通ると、円形の広間に辿り着きます。ここがかつて皇帝私邸の玄関広間です。 皇帝私邸の前庭 広間が前庭となっており、かつてモザイクで装飾され円屋根があった天井を見上げると、丸く穴が開きちょっと不思議な空間です。 その大きな穴からは大聖堂の鐘楼やクロアチアの青空が綺麗に見えとても素敵です。16世紀ごろまでは円屋根が残っていたといわ...

続きを読む

スプリトの聖ドムニウス大聖堂と鐘楼|ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

クロアチアの世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群」に含まれている聖ドムニウス大聖堂。 ペリスティル広場の東側にある八角形のロマネスク様式の大聖堂です。スプリットの守護聖人ドムニウスが祀られています。ディオクレティアヌス宮殿内では一番見応えのある建物です。 聖ドムニウス大聖堂の歩み 聖ドムニウス大聖堂は当初ディオクレティアヌス帝自身の霊廟として建てられ、ここに埋葬されまし...

続きを読む

洗礼室|ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

クロアチアの世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群」に含まれている洗礼室。ペリスティル(中庭)の西側約30mにある小さな建物です。もともとはディオクレティアヌスが自身を神格化して造らせたローマ神ユピテル神殿(ジュピター神殿)でした。 後にキリスト教の聖ヨハネの洗礼室として改築されました。洗礼室前には皇帝がエジプトから持帰った、12頭のうち頭が壊された1頭のスフィンクスが鎮...

続きを読む

ディオクレティアヌス宮殿の地下|ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

クロアチアのスプリットにあるディオクレティアヌス宮殿の南半分はディオクレティアヌスの私邸として使われていました。その地下には巨大な地下の空間が広がっています。 もともとは1階ですが1年間に1mmの地盤沈下が起こっており、今では完全な地下空間になっています。南門の近くに出入り口があり、かつては住居の玄関となっていたようです。   現在地下宮殿は博物館(有料)となっており、入口付近にはミュー...

続きを読む

ディオクレティアヌス宮殿と城壁|ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

アドリア海に残る最大のローマ遺跡がある街として知られるクロアチアのスプリト。旧市街地はローマ皇帝のディオクレティアヌスの宮殿の上に築かれたという珍しい歴史をもつ街です。 古代にタイムスリップしたような不思議な街スプリトは、かつての宮殿をひとつの街として再開発したとても魅力的なスポットです。 ディオクレティアヌス帝とは? ディオクレティアヌス帝はダルマティア(クロアチア)サロマで生まれました。284...

続きを読む

オノフリオ大噴水|ドゥブロヴニク旧市街

クロアチアのドゥブロヴニク旧市街にあるオノフリオ大噴水は、ピレ門の近くにある、街の水道施設を象徴する建築物です。 オノフリオ大噴水とは? オノフリオ大噴水は、1438年にナポリ人のオノフリオ・デッラ・カヴァによって建造されました。16角形のドーム型をしており、16面すべてに顔の彫刻が彫られ(この部分は彫刻家ピエトロ・ダ・ミラノによるものです)、その口から水が出る仕組みになっています。本来はドーム部...

続きを読む

ドゥブロヴニク城壁|ドゥブロヴニク旧市街

ドゥブロヴニク城壁はクロアチア南部アドリア海沿岸にあり、ドゥブロヴニク旧市街を囲んでいる城壁です。 ドゥブロヴニク城壁の成り立ち ドゥブロヴニクは「アドリア海の真珠」とも呼ばれ、周囲をボスニア・ヘルツェゴビナ領で囲まれたクロアチアの飛び地になっています。そこにドゥブロヴニク旧市街がありますが、ここを守るドゥブロヴニク城壁は、当時周辺に対抗勢力が多かったこの都市の自由と自治も同時に守っていたのでした...

続きを読む