ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

ギョレメ国立公園|ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

ギョレメ国立公園は、トルコのカッパドキア地方ネヴシェヒル県にあり、カッパドキアの岩窟群とともに世界遺産に登録されています。 ギョレメ国立公園の成り立ち ギョレメ渓谷の一面に、凝灰石(火山灰などの噴出物が固まったもの)が浸食されてできた奇岩群が広がっており、それを掘り抜いて作られた住居や教会、修道院などが地下都市を形成しています。地下45mに達する場所もあるそうです。 ここには、古代ローマ時代、迫害...

続きを読む

カッパドキアの岩窟群|ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

トルコの首都アンカラの南東約280km、標高1000mを超える高原地帯にあるカッパドキアでは奇岩群がなんとも不思議な景観を創りだしています。ここは「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」として世界遺産に登録されています。 カッパドキア 奇岩の形成 カッパドキアにこのような独特な風景が誕生したのは、有史以前のことです。カッパドキアの東にあるエルジェス山と南西のハサン山で、300年前、大噴火が起きま...

続きを読む