キジー・ポゴスト(キジ島の木造教会建築)

ラーザリ復活教会|キジー・ポゴスト(キジ島の木造教会建築)

キジ島のポゴースト(教会や墓地のある集落)にあるラーザリ復活教会は、14世紀に建てられたロシア建築の発展の歴史を物語る建造物です。 木造教会建築「ラーザリ復活教会」 ラーザリ復活教会は、ロシアに現存する最古の木造教会建築のひとつで、1961年にオネガ湖畔にあるムーロム修道院から移築されてきました。 木造ながら長く保存されてきたのは、ラーザリ復活教会が大きな聖堂内に建てられていたため風雨にさらされる...

続きを読む

ポクロフスカヤ教会|キジー・ポゴスト(キジ島の木造教会建築)

キジ島最大の木造教会プレオブラジェンスカヤ教会の隣にあり、比較的簡素な造りとなっている建物がポクロフスカヤ教会(生神女庇護聖堂)です。 9つの円蓋を持つポクロフスカヤ教会 9つの円蓋を持つポクロフスカヤ教会は、1764年に建てられました。夏季専用のプレオブラジェンスカヤ教会に対して、ポクロフスカヤ教会は、ベチカ(暖房)を持つ冬季専用の教会として建造されました。 主教会であるプレオブラジェンスカヤ教...

続きを読む

プレオブラジェンスカヤ教会|キジー・ポゴスト(キジ島の木造教会建築)

フィンランドとの国境近くロシア・カレリア地方のオネガ湖に浮かぶキジ島のポゴースト(教会や墓地のある集落)には、釘を1本も用いず、複雑な木組み装飾によって建てられた木造教会があります。 釘を使わずに建てられた「プレオブラジェンスカヤ教会」 キジ島内で最も大きく光り輝く教会が、プレオブランジェンスカヤ教会(顕栄聖堂)です。16世紀に建てられたこの教会は、1690年落雷により焼失し、1714年に再建され...

続きを読む