カンボジアの世界遺産

アンコール・トム|アンコールの遺跡群

アンコール・トムはカンボジア北西部にある「アンコール遺跡群」のひとつで、世界遺産に登録されました。アンコール・ワットの北にある城砦都市遺跡です。 アンコール・トムとは? アンコール・トムは12世紀後半にジャヤーヴァルマン7世により建築された城砦都市です。一辺が3kmの堀と、高さ8mの城壁に囲まれています。5つの城門があり、それぞれの城門に塔の形式を見ることができます。そして、その四面には観世音菩薩...

続きを読む

アンコール・ワット|アンコールの遺跡群

アンコール・ワットはカンボジア北西部にあるヒンドゥー教寺院で、「アンコールの遺跡群」のひとつとして世界遺産に登録されました。アンコールはサンスクリット語で「王都」、ワットはクメール語で「寺院」という意味。現在はカンボジア国旗にも描かれている、国を象徴する遺跡となっています。 アンコール・ワットが歩んだ歴史 アンコール・ワットは、12世紀前半にクメール王朝(アンコール朝)のスーリヤヴァルマン2世によ...

続きを読む