カナダの世界遺産

勝利のノートル・ダム聖堂|ケベック歴史地区

カナダの世界遺産「ケベック歴史地区」にある勝利のノートル・ダム聖堂。 勝利のノートル・ダム聖堂の創建 ロワー・タウンの「国王広場」は、シャンプランが毛皮の交易所を開いた場所で、ケベック発祥の地です。ここには、ルイ14世の胸像とともに、石造りの小さな聖堂が建っています。聖母マリアと、パリの守護聖人ジュヌヴィエーヴを祀ったこの 聖堂は、1688年に創建されました。 何に勝利したのか? 聖堂が創建された...

続きを読む

ノートル・ダム大聖堂|ケベック歴史地区

カナダの世界遺産「ケベック歴史地区」のアッパー・タウンに建つノートル・ダム大聖堂は、正面から見て左右の塔の形状が異なる左右非対称型で、バロック様式の傑作といわれています。 ケベックのノートル・ダム大聖堂 ルイ14世から贈られた祭壇のランプや、聖母マリアの生涯がを描いたステンドグラスなどの美術品が、聖堂内を彩っています。 サミュエル・ド・シャンプランをはじめ、フロントナック伯爵、ケベックで最初の司教...

続きを読む

クート二ー国立公園|カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

1920年に国立公園となったクート二ーには、バンフ国立公園・ジャスパー国立公園・ヨーホー国立公園のとは異なり、鉄道が通じていないので、車で行くしかありません。 そのため、 ほかの公園よりも静かで落ち着いた環境が保全されています。また、この公園には氷河の融解水が造り出す滝や渓谷が点在し、そこでは水の力による荒々しい造形も見られます。水は固形物を多く含むため、浸食力が強力です。 マーブル・キャニオン ...

続きを読む

ヨーホー国立公園|カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

カナダはアルバータ州のバンフ国立公園から鉄道で西へ向かうと、ブリティッシュ・コロンビア州との州境で、キッキング・ホース峠を越えます。その峠の名は、探検していたスコットランド人が、ここで馬に蹴られたことに由来します。 標高1625mの路線最高地点を越えれば、1896年にパンフ国立公園に次いで、カナダで2番目に国立公園に指定された、ヨーホー国立公園が広がります。 ヨーホー国立公園とは? 地名の「ヨーホ...

続きを読む

ジャスパー国立公園|カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

カナダのアルバータ州とブリティッシュ・コロンビア州にまたがる「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」は、7つの自然公園から成る総面積2万3401km²の広大な山岳地帯です。 なかでも、東京都のほぼ5倍に相当する1万878km²という最大面積を誇るのが、このジャスパー国立公園です。この公園は、バンフ国立公園に遅れること20年、1907年に国立公園に指定されました。 3000m級の山々に守られた公園内...

続きを読む

バンフ国立公園|カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

カナダの世界遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」に含まれるバンフ国立公園。カナディアンロッキーの表玄関であるこのバンフ国立公園には、現在年間400万人もの観光客が訪れます。しかし、この公園の歴史は、まったくの偶然から始まりました。 バンフ国立公園の歴史 1881年、誕生して間もないカナダ連邦政府は、国家建設の要ともいえる大陸横断鉄道の建設に着手しました。建設にあたり、最も難所とされたのがカ...

続きを読む

シタデル|ケベック歴史地区

シタデルとはカナダの世界遺産「ケベック歴史地区」にある要塞です。フランスやイギリスの手によってつくられましたが、現在はカナダ陸軍の駐屯地となっていて、北米最大規模を誇る、現役の軍隊が駐屯している要塞として知られています。 星形の要塞「ケベックのシタデル」の歴史 1608年にヌーヴェル・フランスの拠点となったものの、絶えずイギリス軍に脅かされていたケベックでは、街を城壁で囲み、常にその防御を固めまし...

続きを読む

シャトー・フロントナック|ケベック歴史地区

ケベックのセント・ローレンス川やロワー・タウンを見下ろす高台のアッパー・タウンには、かつて歴代総督の邸宅が建っていました。現在ここにそびえるのが、シャトー・フロントナックです。 シャトー・フロントナックの建設 この古城風のホテルが建設されたのは1829年。手がけたのは、カナダ太平洋鉄道の総師であり、『鉄路の皇帝』の異名を持つウィリアム・ヴァン・ホーンです。 英連邦内の自治領として誕生間もないカナダ...

続きを読む