カイロ歴史地区

シタデル|カイロ歴史地区

シタデル(城塞または山城)は、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のモカッタムの丘にあります。 シタデルとは シタデルは、1176年にアイユーブ朝の創始者サラーフ・アッディーンにより建設されました。十字軍の侵攻に備えて造営されたシタデルは、周囲を高さ10m、厚さ3mの城壁に囲まれ、防御用の円形の塔や長期の籠城に備えて巨大な井戸なども造られました。十字軍との戦いは、1192年に休戦条約が結ばれたため...

続きを読む

聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)|カイロ歴史地区

聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)は、エジプト・カイロ歴史地区、オールドカイロにあります。 聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)とは 聖ゲオルギウス教会は、ヘロデ王の迫害から逃れた聖母マリアと赤ん坊のイエス・キリストら家族が、エジプトに逃れた際に一時身を寄せていた場所に建てられたとされています。そのため、聖ゲオルギウス教会をはじめ、周辺にはエル・ムアラッカ教会、聖セルジウス教会など多くの教会があ...

続きを読む

聖セルジウス教会(アブ・サルガ)|カイロ歴史地区

カイロ歴史地区・オールドカイロに、聖セルジウス教会(アブ・サルガ)はあります。聖セルジウス教会周辺には、聖ジョージ教会、エル・ムアッラカ教会など多くの教会があります。 聖セルジウス教会(アブ・サルガ)とは 聖セルギウス教会は、ローマ帝国マクシミヌス帝の治世下、303年にシリアで殉教した聖セルギウスと聖バッカスに捧げられた教会です。教会のある場所は、ヘロデ王の迫害からエジプトに逃れてきた聖母マリア、...

続きを読む

イブン・トゥール―ン・モスク|カイロ歴史地区

イブン・トゥールーン・モスクは、エジプト・カイロ歴史地区のイスラム地区にあります。 イブン・トゥールーン・モスクとは イブン・トゥールーン・モスクは、エジプトにトゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥールーンの命により879年に建設されました。また、カイロに現存するモスクの中で最も古く、敷地もカイロで最も広い面積を有しています。 ミナレット イブン・トゥールーン・モスクには、高さ40mのミナレ...

続きを読む

ズウェーラ門|カイロ歴史地区

エジプト・カイロ歴史地区のイスラム地区にズウェーラ門はあります。ズウェーラ門は、フトゥーフ門、ナスル門とならびカイロに現存する旧城門の一つです。 ズウェーラ門とは 1029年に創建されたズウェーラ門は、ファーティマ建築の傑作と称されており、また、カイロの町の最南端を守る重要な役割も果たしていました。ズウェーラとは、ファーティマ朝時代傭兵としてこの地に駐屯していたベルベル人の部族の名前から取ったとい...

続きを読む

スルタン・ハサン・モスク|カイロ歴史地区

スルタン・ハサン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」・イスラム地区にあるモスクです。 スルタン・ハサン・モスクとは 1356年に着工し、1363年に完成したスルタン・ハサン・モスクは、マムルーク朝建築と代表する建造物の一つです。カイロで最も高い約80mのミナレット(尖塔)を持ち、登頂すると遠くは、ピラミッドまで見ることができます。 モスク正面入り口は、高さ26mもあり、蜂の巣上をした緻...

続きを読む

ムハンマド・アリー・モスク|カイロ歴史地区

ムハンマド・アリー・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」にあるシタデル(城塞または山城)内にあります。 ムハンマド・アリー・モスクとは ムハンマド・アリー・モスクは、シタデルの中で最も壮大な建物です。エジプト最後の王朝ムハンマド・アリー朝を興したムハンマド・アリーの命により1830年から27年の歳月をかけて建設されました。ムハンマド・アリーは、ナポレオンの侵略からエジプトを救い、エジプト...

続きを読む

アル・フセイン・モスク|カイロ歴史地区

アル・フセイン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のイスラム地区にあります。 アル・フセイン・モスクとは アル・フセイン・モスクは、ファーティマ朝政権時の1 2世紀に創建されました。モスクの名は、イスラム・シーア派の第3代イマーム・フセイン・イブン・アリーからきており、ファーティマ朝のカリフは、フセイン・イブン・アリーの末裔といわれています。 フセイン・イブン・アリーは、父がイスラム教...

続きを読む

エル・ムアッラカ教会|カイロ歴史地区

エル・ムアッラカ教会は、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のオールドカイロにあります。 エル・ムアッラカ教会とは エル・モアッラカ教会は、聖母マリアに捧げられたコプト教(エジプトで独自の教義を発展させたキリスト教の一派)の教会です。ローマ時代に造られたバビロン城の門の一部が床に使用されており、その上に建設されたことから「吊るされた」という意味のアラビア語「ムアッラカ」と呼ばれるようになりました。...

続きを読む

ハーン・ハリーリ|カイロ歴史地区

ハーン・ハリーリは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のイスラム地区にあります。 ハーン・ハリーリとは ハーン・ハリーリは、14世紀末ブルジー・マムルーク朝の初代スルタン、バルクークの時代に開かれたスーク(市)です。当時の姿のまま保存されており、現在では、カイロを訪れる観光客が必ず立ち寄る観光名所となっています。 エジプトで最も神聖といわれる「アル・フセイン・モスク」の西側一帯がハーン・ハリーリ...

続きを読む