オーストラリアの世界遺産

カールトン庭園|王立展示館とカールトン庭園

オーストラリア南東部ヴィクトリア州メルボルンにある「カールトン庭園」は、「王立展示館」とともに、2004年「王立展示館とカールトン庭園」として世界遺産に登録されました。 カールトン庭園とは カールトン庭園は、約26ヘクタールもの敷地を有しており、その広大な敷地内には、2004年に同じく世界遺産に登録された王立展示館やメルボルン博物館があります。 カールトン庭園は、1839年ヴィクトリア植民地初代総...

続きを読む

王立展示館|王立展示館とカールトン庭園

オーストラリア南東部メルボルンにある「王立展示館」は「カールトン庭園」とともに、「王立展示館とカールトン庭園」として、2004年オーストラリアの世界文化遺産として登録されました。 王立展示館とは オーストラリア南東部メルボルンにある「王立展示館」は、1880年に開催された万博博覧会のために造られました。設計者はメルボルン市庁舎やビクトリア州立図書館を設計したジョセフ・リード。 メルボルン万博の後、...

続きを読む

カタ・ジュタ(オルガ山)|ウルル=カタ・ジュタ国立公園

カタ・ジュタは、オーストラリアのノーザンテリトリーのアリススプリングス南西365㎞に位置しています。ウルル=カタ・ジュタ国立公園の中にあり、エアーズロック(ウルル)と共にオーストラリアの世界遺産に登録されました。 カタ・ジュタとは? カタ・ジュタは22㎢にわたって広がる古代の36の岩石群で、アボリジニの言葉では「多くの頭」という意味です。オルガ山とも呼ばれますが、それはドイツのヴュルテンベルク王妃...

続きを読む

エアーズロック|ウルル=カタ・ジュタ国立公園

エアーズロックはオーストラリアのノーザンテリトリーにあり、世界遺産「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」の中にあります。オーストラリアのほぼ中央部に位置するため、世界の中心という意味合いで「大地のへそ」や「地球のへそ」とも呼ばれることがあります。 エアーズロックとは? エアーズロックは世界で2番目に大きい一枚岩で、高さは340m、周囲は9.4㎞あります。 イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが、当時の南オー...

続きを読む

実はこんな一面も!?世界遺産にまつわる珍エピソード5選

シドニー・オペラハウス シドニー・オペラハウスは人類において独創性と想像性に優れた建築物として2007年にユネスコ文化遺産に登録された20世紀を代表する近代建築物の一つです。 実はこのオペラハウスは当初の予定より予算も工期も大幅にオーバーしたことで知られています。工期については10年オーバーし、最終的な予算においては何と当初の14倍までに膨れ上がりました。悪天候や設計上の難航、建築途中で設計責任者...

続きを読む