エスファハーンのイマーム広場

マスジェデ・イマーム|エスファハーンのイマーム広場

マスジェデ・イマームは、1979年にイランの世界遺産として登録された「エスファハーンのイマーム広場」の構成資産のひとつです。 マスジェデ・イマームとは マスジェデ・イマームは、エスファハーンを象徴するイマーム広場の南にあり、サファヴィー朝アッバース1世の命により1612年に着工し、1630年に完成しました。イスラム芸術の最高峰であると同時に寺院建築を極めたサファヴィー朝を代表する建築物と称されるマ...

続きを読む

アリー・カプー宮殿|エスファハーンのイマーム広場

1979年にイランの世界遺産として登録された「エスファハーンのイマーム広場」の構成資産のひとつが、イマーム広場西側にあるアリー・カプー宮殿です。 アリー・カプー宮殿とは アリー・カプー宮殿は、15世紀ティムール朝の時代に建てられた宮殿に、その後、アッバース1世が2層の建物を敷設したもので、イラン最古の高層建築です。 アリー・カプーとは、「アリーの扉」という意味で、シーア派が崇敬するアリー(ムハンマ...

続きを読む

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー|エスファハーンのイマーム広場

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、1979年にイランの世界遺産として登録された「エスファハーンのイマーム広場」の構成資産のひとつです。 マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーとは イマーム広場東側にあるマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、アッバース1世の個人礼拝所として1601年に着工し、17年の歳月をかけ1618年に完成しました。そのため他のマスジェデ(モスク)とは違い、中庭やミナ...

続きを読む