エジプト モスク

イブン・トゥール―ン・モスク|カイロ歴史地区

イブン・トゥールーン・モスクは、エジプト・カイロ歴史地区のイスラム地区にあります。 イブン・トゥールーン・モスクとは イブン・トゥールーン・モスクは、エジプトにトゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥールーンの命により879年に建設されました。また、カイロに現存するモスクの中で最も古く、敷地もカイロで最も広い面積を有しています。 ミナレット イブン・トゥールーン・モスクには、高さ40mのミナレ...

続きを読む

スルタン・ハサン・モスク|カイロ歴史地区

スルタン・ハサン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」・イスラム地区にあるモスクです。 スルタン・ハサン・モスクとは 1356年に着工し、1363年に完成したスルタン・ハサン・モスクは、マムルーク朝建築と代表する建造物の一つです。カイロで最も高い約80mのミナレット(尖塔)を持ち、登頂すると遠くは、ピラミッドまで見ることができます。 モスク正面入り口は、高さ26mもあり、蜂の巣上をした緻...

続きを読む

ムハンマド・アリー・モスク|カイロ歴史地区

ムハンマド・アリー・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」にあるシタデル(城塞または山城)内にあります。 ムハンマド・アリー・モスクとは ムハンマド・アリー・モスクは、シタデルの中で最も壮大な建物です。エジプト最後の王朝ムハンマド・アリー朝を興したムハンマド・アリーの命により1830年から27年の歳月をかけて建設されました。ムハンマド・アリーは、ナポレオンの侵略からエジプトを救い、エジプト...

続きを読む

アル・フセイン・モスク|カイロ歴史地区

アル・フセイン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のイスラム地区にあります。 アル・フセイン・モスクとは アル・フセイン・モスクは、ファーティマ朝政権時の1 2世紀に創建されました。モスクの名は、イスラム・シーア派の第3代イマーム・フセイン・イブン・アリーからきており、ファーティマ朝のカリフは、フセイン・イブン・アリーの末裔といわれています。 フセイン・イブン・アリーは、父がイスラム教...

続きを読む

アムル・イブン・アル=アース・モスク|カイロ歴史地区

アムル・イブン・アル=アース・モスク(ガーマ・アムルとも呼ばれる)は、エジプトの首都カイロにあります。「聖ジョージ教会」や「聖セルジウス教会」などが残るオールドカイロ、「アズハル大学」などがあるイスラム地区旧市街などとともに、カイロ歴史地区として1979年に世界遺産に登録されました。 アムル・イブン・アル=アース・モスクとは アムル・イブン・アル=アース・モスクは、エジプト初であり、かつアフリカ初...

続きを読む