ウルル=カタ・ジュタ国立公園

カタ・ジュタ(オルガ山)|ウルル=カタ・ジュタ国立公園

カタ・ジュタは、オーストラリアのノーザンテリトリーのアリススプリングス南西365㎞に位置しています。ウルル=カタ・ジュタ国立公園の中にあり、エアーズロック(ウルル)と共にオーストラリアの世界遺産に登録されました。 カタ・ジュタとは? カタ・ジュタは22㎢にわたって広がる古代の36の岩石群で、アボリジニの言葉では「多くの頭」という意味です。オルガ山とも呼ばれますが、それはドイツのヴュルテンベルク王妃...

続きを読む

エアーズロック|ウルル=カタ・ジュタ国立公園

エアーズロックはオーストラリアのノーザンテリトリーにあり、世界遺産「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」の中にあります。オーストラリアのほぼ中央部に位置するため、世界の中心という意味合いで「大地のへそ」や「地球のへそ」とも呼ばれることがあります。 エアーズロックとは? エアーズロックは世界で2番目に大きい一枚岩で、高さは340m、周囲は9.4㎞あります。 イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが、当時の南オー...

続きを読む