インドの山岳鉄道群

鉄道そのものが世界遺産!列車に乗りながら観光できる世界遺産3選

ゼメリング鉄道(オーストリア) ゼメリング鉄道は1998年に世界遺産として最初に登録された鉄道の世界遺産で、世界初の山岳鉄道でもあります。ゼメリング峠において1848年から1854年にかけての6年間で建設され、現在世界中で採用されている線路の幅である国際標準軌をヨーロッパで最初に導入した鉄道であるとともに、今なお現役で活躍する最古の鉄道として有名です。 ゼメリング鉄道はオーストリア国内を走り、首都...

続きを読む

ダージリン・ヒマラヤ鉄道|インドの山岳鉄道群

世界遺産「インドの山岳鉄道群」の中でも有名なダージリン・ヒマラヤ鉄道はインドの東北部に位置し、紅茶で有名なダージリン地方を走る鉄道で、現地や英語圏の観光ガイドブック等ではダージリン・トイ・トレインという名で親しまれています。 ダージリン・ヒマラヤ鉄道の歴史 本路線の建設が開始された1879年当時、インドはイギリスの植民地でした。この路線は紅茶の輸送と避暑客の便宜を図るために建設が開始され、開通を急...

続きを読む

カールカー=シムラー鉄道|インドの山岳鉄道群

ダージリン・ヒマラヤ鉄道、ニルギリ登山鉄道に続いて2008年に世界遺産「インドの山岳鉄道群」に追加登録されたのがカールカー=シムラー鉄道。 カールカー=シムラー鉄道とは? カールカー=シムラー鉄道はインド北部のヒマーチャル・ブランデーシュ州などを走る軌間762mmのナロゲージのトイトレイン。世界遺産とミッキーマウスのマーク付きレイル・モーターカーがとてもキュートな列車です。始発駅があるハリヤーナー...

続きを読む

ニルギリ山岳鉄道|インドの山岳鉄道群

ダージリン・ヒマラヤ鉄道に続いて2005年、世界遺産「インドの山岳鉄道群」に追加登録されたニルギリ山岳鉄道。 インド最南端のタミル・ナードゥ州の標高100mのメットゥパラヤムから標高2,200mまでウダカマンダラムまで約46kmの道のりを走ります。その標高差は2,000mあり、インドなのに11月から1月は氷点下になる日もあるほど寒いエリア。ニルギリ地方は猛暑とは無縁の涼しさです。 ニルギリ山岳鉄道...

続きを読む