イタリアの世界遺産

アルチヴェスコヴィーレ礼拝堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

アルチヴェスコヴィーレ礼拝堂は、「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつとして、1996年に世界遺産に登録されました。 アルチヴェスコヴィーレ礼拝堂 ギリシア十字型のアルチヴェスコヴィーレ礼拝堂(又は、大司教館礼拝堂)は、4世紀後半から5世紀前半に、ラヴェンナの司教ペトルス2世によって、バシリカ・ウルシアーナに隣接する司教宮殿内部に建設されました。建設当初は、キリストに捧げら...

続きを読む

アリアーニ洗礼堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

アリアーニ洗礼堂は、「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつとして、1996年に世界遺産に登録されました。 アリアーニ洗礼堂 アリアーニ洗礼堂は、325年に開かれたニカイア公会議(コンスタンティヌス帝自らが開いたキリスト教教義を決定する最高会議)で、異端とされたアリウス派の洗礼堂です。ネオン洗礼堂をモデルに、東ゴート王国の創始者テオドリック王によって建設。現存するアリウス派の...

続きを読む

ネオン洗礼堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

ネオン洗礼堂は、1996年イタリアの世界文化遺産として登録された「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつです。 ラヴェンナは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州にある都市で、古代ローマ時代から中世にかけて繁栄しました。ラヴェンナの初期キリスト教建築物群は、5世紀初頭から6世紀末までに建築されたキリスト教の聖堂と礼拝堂など8つの建造物が対象となっています。 ネオン洗礼堂 ネオン洗礼堂は...

続きを読む

ガッラ・プラチディア霊廟|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

ガッラ・プラチディア霊廟は、イタリアの都市ラヴェンナにある霊廟で、世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつです。 ガッラ・プラチディア霊廟 ガッラ・プラチディア霊廟は、同じく「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつサン・ヴィターレ聖堂に隣接しています。ローマ帝国最後の皇帝テオドシウスの娘ガッラ・プラチディアによって建設され、隣接するサン・ヴィターレ聖堂...

続きを読む

サン・ヴィターレ聖堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

サン・ヴィターレ聖堂は、イタリア・ラヴェンナにある「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつです。 サン・ヴィターレ聖堂 サン・ヴィターレ聖堂は、ラヴェンナにある初期キリスト教建築を代表する聖堂です。殉教者聖ヴィターレに捧げられた聖堂で、6世紀前半に完成しますが、その後、ユスティニアヌス1世やベネディクト会によって改修されました。 聖堂内には、ビザンツ芸術を代表するモザイクが残...

続きを読む

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂は、「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつとして、1996年に世界遺産に登録されました。 サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂 サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂は、490年頃、東ゴート王国国王テオドリックの命により、アリウス派の聖堂として建設されました。しかし、ラヴェンナが東ローマ帝国に支配されると、アリウス派は異端であったため、皇帝ユスティニア...

続きを読む

テオドリック王廟|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

テオドリック王廟は、イタリア・ラヴェンナにある「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつです。 テオドリック王廟 テオドリック王廟は、東ゴート王国の創始者テオドリックによって、520年に建設され、王の生存中に建設されました。526年にテオドリックが亡くなると、王廟に埋葬されましたが、異端者の墓であるとして遺体は取り除かれました。 王廟は、イストリア産の石灰岩の切石による組積構造...

続きを読む

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂|ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、ラヴェンナの北部にあるクラッセという町にあります。クラッセは、かつてはラヴェンナの外港として栄えた港町でした。 サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂 サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂は、549年にラヴェンナの司教マクシミアヌスによって、初期キリスト教の三廊式のバシリカ式聖堂として建設されました。建設にあたっては、銀行家ユリアヌス・アルゲンタリウスが出...

続きを読む

プラトリーノ庭園|トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群

イタリアの世界遺産「トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群」の構成資産のひとつ「プラトリーノ庭園」は、フィレンツェから北東へ約15km、アペニン山脈の麓にあります。 プラトリーノ庭園とは プラトリーノ庭園は、1568年トスカーナ大公フランチェスコ1世の命により造園が始まりました。造園開始から約15年もの歳月を掛けて作られた庭園は、20ヘクタールもの広大な敷地を有し、当時としてはヨーロッパで最大...

続きを読む

ボーボリ庭園|トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群

ボーボリ庭園は、2013年イタリアの世界文化遺産として登録された「トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群」の構成資産のひとつです。 トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群とは トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群は、トスカーナ地方に点在するメディチ家の12のヴィッラ(別荘)と2つの庭園から構成されています。メディチ家は、フィレンツェの政治と経済を牽引した貴族で、ルネサンス文化の発展の...

続きを読む