ロココ様式の世界遺産まとめ

ロココ様式とは、ルイ14世時代末からルイ15世時代のフランス宮廷を中心にヨーロッパで栄えた装飾様式のことです。1730~70年が最盛期で、繊細さ・優美さ・軽快さが特徴です。

 

おすすめコンテンツ

 

世界遺産関連の観光スポット・特集