ムデハル様式の世界遺産まとめ

ムデハル様式とはレコンキスタ(国土回復運動)の後、残留イスラム教徒の建築様式とキリスト教建築様式が融合したスタイルのことで、アラビア語で残留者を意味する「ムダッジャン」に由来します。建物の壁面に幾何学文様の装飾を施しているのが特徴的です。

おすすめコンテンツ

 

世界遺産関連の観光スポット・特集