中東三大遺跡の世界遺産まとめ

シリアの『パルミラ遺跡』・レバノンの『バールベック』ヨルダンの『ペトラ遺跡』を合わせて中東三大遺跡と呼びます。3ヶ所とも世界遺産に登録されています。

ペトラ遺跡

ペトラ遺跡はヨルダンにある世界遺産で、ペトラとは、ギリシャ語で『崖』を意味しています。2000年以上前にこの地に定住したアラブ人の一族ナバテア人は、切り立つ岩壁を削り、大都市を建て...
続きを読む

パルミラの遺跡

世界で最も美しい廃墟の一つと言われるパルミラ遺跡は、シリアにある世界遺産で、ローマ帝国支配時の都市遺跡です。パルミラはナツメヤシの緑に包まれ、その名前もギリシャ語でナツメヤシを意...
続きを読む

 

おすすめコンテンツ

 

世界遺産関連の観光スポット・特集