マヌエル様式の世界遺産まとめ

マヌエル様式とは、16世紀初めの大航海時代の繁栄を象徴するポルトガル独特の建築・芸術様式のことで、ゴシック式の影響を受け海外交易によって築かれた巨万の冨を象徴するかのような過剰装飾が特徴的です。その様式名は、ポルトガルのマヌエル1世の名に由来しています。

 

おすすめコンテンツ

 

世界遺産関連の観光スポット・特集