2008年登録の世界遺産まとめ

2008年カナダのケベックで開催された第32回世界遺産委員会において、新規登録が決定した世界遺産のまとめです。
他の年に登録された世界遺産はこちら

福建土楼

福建土楼は、中国の福建省南西部の山岳地域に点在する土楼群です。ほとんどは12世紀から20世紀にかけて建てられています。土楼は大きな集合住宅で、円形や楕円形、方形など形は様々です。
続きを読む

 

おすすめコンテンツ

 

世界遺産関連の観光スポット・特集