スルツェイ



スルツェイ

スルツェイ島は、1963年に海底火山の噴火により出現したアイスランドの南にある無人島です。海底火山の噴火から新島を形成した典型例として有名な島です。2008年に世界遺産に登録されました。

1963年11月14日アイスランド南西海域付近で操業中の漁船が硫黄臭に気付き、午前7時に噴煙を確認したことに始まり、12月6日 – フランスの週刊誌記者が上陸し、島の名前がつけられました。

その後、1967年まで、数回に渡り火山活動が確認され、1967年6月4日にに火山活動が停止しています。この一連のタイプの火山活動は、スルツェイ式噴火と名付けられています。

従来、ウルトラブルカノ式と呼ばれていた噴火形式で、マグマたまりの中の水蒸気圧力が上昇することによって爆発するタイプであるが、高温のマグマが海水に触れることによって、大量の水蒸気を発生させ大爆発を起こすところから、マグマ水蒸気爆発と呼ばれタイプの火山です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す