中央スリナム自然保護区

中央スリナム自然保護区

中央スリナム自然保護区は、その名が示す通りスリナム中央部に位置する自然保護区です。中央スリナム自然保護区は、1998年に3つの自然保護区(1966年設定)を統合し、なおかつその範囲を拡大して新たに設定されました。その面積は1万6000km2で、スリナムの国土の約1割を占めています。

ここは熱帯の気候で、年平均気温は27度前後、年平均降水量は1750 mmから 3000 mmです。降水量は多いですが、一年に2度ある雨季に集中しており、それらの間には乾季があります。植物相は古期海岸線、新期海岸線、サバナ、内陸部の四つに大別されています。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す