スオメンリンナの要塞



スオメンリンナの要塞

フィンランドの首都として知られているヘルシンキ近郊には、6つの島が存在しています。これらの島々には、18世紀頃に建てられた海上の要塞が残されていることで知られています。これらの要塞は、1991年に、スオメンリンナの要塞として世界遺産に登録されました。

現在、スオメンリンナの要塞は、フィンランドの世界遺産として扱われていますが、この要塞は、元々スウェーデンによって築かれたものでした。それを示すように、この要塞が築かれた時代は、フィンランドがスウェーデンに支配されていた時期に該当しています。

スオメンリンナの要塞が建造された目的は、スウェーデンと対立していたロシアからの攻撃に備えるためであったと言われています。
現在では、島々をつないでいた城壁や建造物群などが、スオメンリンナの要塞一帯に残されており、この海上の要塞は、その美しい景観によって、ヘルシンキの観光地の一つとして知られています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す