スンダルバンス国立公園



スンダルバンス国立公園

スンダルバンス国立公園は、インド・西ベンガル州に所在する国立公園です。世界最大規模を有するデルタ地帯の一画を占め、数多くの希少種や絶滅危惧種が生息しています。

1984年にインド政府により国立公園に指定され、3年後の1987年に世界遺産に登録されました。スンダルバンス国立公園に近接するバングラデシュ側のシュンドルボンも1997年、世界遺産に登録された。

マングローブの密生する湿地帯には300種を超える植物が生育し、数多くの水生・陸生動物のすみかとなっています。また、干潟は上流より運ばれてきた養分豊かな土壌となっているため、数多くの海洋動物はここで孵化期を過ごしています。

海域とデルタ地帯を移動する水生の哺乳類には、ガンジスカワイルカやハシナガイルカ、イラワジイルカ、スナメリ、シナウスイロイルカ、ミナミハンドウイルカ、ニタリクジラなどの希少鯨類がいます。

見学は船上から、ないし公園内3か所に設置された観察塔からのみ見学が許可されています。インド亜大陸のトラを保護するプロジェクト・タイガーが行われている土地ともなっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す