スクルの文化的景観

スクルの文化的景観

スクルの文化的景観はアフリカのナイジェリアにある世界遺産で、農業と製鉄業を生業とする小部族スクルによって形成される集落です。彼らはヒデと呼ばれる首長を指導者としていて、花崗岩の石壁に囲まれた集落は、広さが約7.6km2で17世紀から20世紀初めまでに独自の文化を築いてきました。丘の上に造られた宗教的存在でもある首長の宮殿跡を中心に製鉄のための溶鉱炉や穀物倉庫、祭祀のための施設の遺構が残っています。スクルには現在でも約1万5000の住人が暮らしています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す