スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町



タイにあったスコータイの町は小タイ族(現在のタイ人の多数派)であるシーインタラーティット王によりスコータイ王朝の都として建設がなされました。

この王朝はラームカムヘーン王の時代に大きく発展し、東南アジアの一大国となるがその死後、勢力は衰えアユタヤ王朝が建つ頃には、小国になり、アユタヤ王朝の属国の時代を経てアユタヤに吸収されました。

スコータイ王朝には数々の主要都市があり、このうちの幾つかが廃墟になりながらも現存しています。80年代始めにスコータイと関連する歴史公園3つが相次いでタイの文部省に登録されました。その3つの公園とは以下の公園です。

その後文部省はこの遺跡をユネスコに推薦し、1991年には、スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町という名で世界遺産になりました。

 スコータイ歴史公園

photo credit: Wat Mahathat via photopin (license)

photo credit: Wat Mahathat via photopin (license)

スコータイ歴史公園は、東西1.8㎞、南北1.6㎞の城壁に囲まれたスコータイ旧市街と、城壁外の寺院などから形成されています。総面積は70㎢ほどあります。園内には非常に多くの寺院などの遺跡があります。

 シーサッチャナーライ歴史公園

シーサッチャナーライは、スコータイより一回りほど小さい城壁と堀に囲まれています。ここにスコータイ王になる前のリタイ王が寺院などを多く建設しました。シーサッチャナーライは、歴代の副王が王となる前に統治する地でした。

▲目次に戻る

 カムペーンペット歴史公園

カムペーンペットは「金剛の城壁」という意味で、ビルマからの侵攻を防ぐ目的で造られたといわれています(城壁は南北2200m、東西500×250m)。それまではチャーカンラーオと呼ばれていました。カムペーンペット歴史公園にある寺院・遺跡の歴史は、14世紀にスコータイ王朝のリタイ王がワット・プラシーマハータートという仏教寺院を造ったという記録があります。

▲目次に戻る

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す