ストゥデニツァ修道院



ストゥデニツァ修道院

ストゥデニツァ修道院は、セルビア中央部、クラリェヴォの南西39 km に位置するセルビア正教会の修道院で、セルビア正教会の修道院としては最大級のものです。1986年に世界遺産に登録されました。

この修道院は中世セルビア王国の建国者であるステファン・ネマニャが1190年に設立したもので、修道院は城壁で囲まれ、生神女聖堂と「王の聖堂」という、ともに白い大理石でできた二つの付属聖堂を擁しています。

この修道院は何よりも13世紀から14世紀にかけてのビザンティン美術の精華と見なしうる美しいフレスコ画群の存在で知られてます。生神女の進堂(the Presentation of the Holy Virgin)に捧げられたストゥデニツァ修道院は、全セルビア正教会の教会建築物の中心となるものです。この修道院の建造には、実に長い期間を要しました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す