シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区



シュトラールズントとヴィスマールの二都市は、「ハンザ同盟」によって栄えた都市として知られています。これら二都市は、歴史的に大きな役割を果たしてきましたが、その文化的価値を認められて、シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区として、2002年に世界遺産として登録されました。

シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区

現在でも、シュトラールズントとヴィスマールには、ハンザ同盟時代の繁栄を示す街並みが残されていることで知られています。これら二都市は、ドイツ国内において起きた「三十年戦争」後に、スウェーデンの領地となりましたが、その結果、北欧に影響を与えたと言われています。

商業都市間で結ばれていた「ハンザ同盟」は、中世時代にドイツの北部周辺において、大きな影響力を持っていました。このハンザ同盟都市には、シュトラールズントやヴィスマール以外にも存在しています。その中で、よく知られている都市には、世界遺産としても認定されている「ハンザ同盟都市リューベック」があります。

シュトラールズント

世界遺産 シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区

ヴィスマール

世界遺産 シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区2

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す