スタリ・ラスとソポチャニ

スタリ・ラスとソポチャニ

スタリ・ラスとソポチャニはセルビアにある世界遺産ですが、1979年に当時のユーゴスラビアの世界遺産として登録されたもので、現在のセルビアの世界遺産としては最初に登録されたものになります。

スタリ・ラス

スタリ・ラスは、中世のセルビアに存在した国家セルビア王国の最初の首都が置かれていた町です。

ソポチャニ

そのスタリ・ラスの南西に位置するソポチャニには、セルビア国王ステファン・ウロシュ1世の命により1260年頃に建てられたセルビア正教会の『ソポチャニ修道院』(上の写真)があります。この修道院の聖三位一体聖堂にあるフレスコ画「聖母の死」は、セルビアに残るフレスコ画の中では最も美しい13世紀のビザンチン美術作品といわれています。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す