中国南方カルスト



中国南方カルスト

広大な面積を有する中国の南方部には、カルストと呼ばれる、遥か昔に形成されたと考えられている地形が、各地に点在していることで知られています。この地形は、自然遺産としての価値を認められて、中国南方カルストとして2007年に世界遺産に登録されました。その後、2014年には、他の場所も世界遺産に追加で登録されるかたちとなりました。

最初に登録されたのは、多数の岩が正に林のように立ち並んでいる「雲南省石林」をはじめ、「箐口天坑」、「天生三橋」、「芙蓉洞」など、三つの場所が含まれている「重慶武陵」、世界的にも珍しいとされている民族の人々が生活を行っている貴州省茘波県(れいはけん)にある各カルスト地形です。
その後に追加で世界遺産認定されたのは、「桂林」、「施秉県(しへいけん)」、「金佛山」、「環江」です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す