スース旧市街



スース旧市街

チュニジア中部の地中海に面するスースは、現在チュニジア第3の都市であり、ヨーロッパからのビーチリゾート地として知られています。世界遺産に登録されているスースの旧市街は9世紀のもので、北アフリカにイスラム勢力が進出してきた頃の姿が今も完全な形で残っている町として注目を集めています。

旧市街は堅牢な城壁で囲まれていて、入り口にあるモスクも城壁の機能を第一優先に建てられました。要塞と礼拝の場を兼ねた「リバト」の2階の回廊はイスラム教徒たちの住居もかねています。またその壁には複数の銃眼が残されています。

高さ38メートルのリバトの塔からは、町や港を監視することが出来ました。旧市街の高い場所には灯台「カスパ」がそびえています。かつて昼はのろしを焚いたり、夜は松明を灯したりして、北アフリカ一帯と連絡を取り合う機能を果たしていました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す