シンガポール植物園(ボタニックガーデン)



シンガポール植物園は建国50周年を迎える2015年、ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められた世界文化遺産です。これはシンガポールで始めて登録された世界遺産になります。

シンガポール植物園では1800年代後半にゴムの研究がされ、東南アジアのゴム産業の基礎が作られてていきました。このゴム産業は自動車産業のタイヤの生産と相乗効果で近代産業を促進させた発展していき、世界の自動車産業に影響をあたたことが評価されました。

シンガポール植物園の敷地は東京ドーム13個分にあたる63.7ヘクタールもの広さを擁しています。園内は「ブキット・ティマ・エリア」、「中央エリア」、「タングリン・エリア」の3つに分かれています。

国立洋ラン園

シンガポール植物園の入園料は基本的には無料ですが、ここ国立洋蘭園(ナショナル・オーキッド・ガーデン)は有料になります。

シンガポールの国花は蘭だけあって人気観光スポットでもある国立洋蘭園には、約1000の原種、約2000の交配種の洋蘭が集められ、その数は約6万株と世界最大規模です。

マーガレット・サッチャー、ダイアナ妃、ネルソン・マンデラ、ジャッキー・チェン、ぺ・ヨンジュン、氷川きよしなどなど、世界のVIPの名前が付けられた蘭があるVIPオーキッド・ガーデンもおすすめです。

それにしてもなぜ氷川きよしの名があるのでしょうか。。。。。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す