四川ジャイアントパンダ保護区群



四川ジャイアントパンダ保護区群

中国・四川省内にある7つの自然保護区と9つの風景名勝区が「四川ジャイアントパンダ保護区群」として世界自然遺産に認定されました。その名の通り、この保護区には絶滅危惧種であるジャイアントパンダの30%以上にあたる約500頭が棲み、世界最大の生息地となっています。また、レッサーパンダやユキヒョウ、ウンピョウなど多くの希少動物が暮らしています。

古代の森が息づく

希少な野生動物を育むのが豊かな森林です。保護区群には5000~6000種の植物が自生し、世界でも類を見ない広大な緑の楽園を形成しています。また、その植物相は古第三紀(地質時代)の原始熱帯雨林に酷似。植物学の研究材料としての価値を持っています。
古代から続く野生動物たちの楽園。それがを「四川ジャイアントパンダ保護区群」です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す