セレンゲティ国立公園



セレンゲティ国立公園

セレンゲティ国立公園は1981年に登録された世界遺産です。タンザニア北部、キリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナで、自然保護を目的に設立された国立公園である。

この国立公園の面積は1万4763km2もあり、セレンゲティとはマサイ語で「果てしなく広がる平原」という意味を表しています。草原には、ライオン、チーター、ヒョウ、アフリカゾウ、バッファロー、インパラ、キリン、シマウマ、ガゼル、アンテロープなどさまざまな動物が、約300万頭生息していると推定されています。

典型的なサバンナ気候のため雨期と乾期があり、ヌーの群れは、乾期になるとケニア側のマサイ・マラ国立保護区へ移動し、雨期にはここに戻ってくる生活を毎年繰り返していて、これに伴い、ライオン、チーター、ヒョウ、ハイエナなども移動する。このヌーの群れの大移動はセレンゲティの最大の見物になっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す