セゴビア旧市街とローマ水道橋



セゴビア旧市街とローマ水道橋はスペインにある世界遺産。古代ローマ時代から中世までの歴史的建造物が数多く残されています。セゴビアはマドリードから高速鉄道で30分というアクセスの良さから、マドリードからの日帰り観光地として人気があります。

アルカサラ(王宮)

アルカサラセゴビア旧市街のひときわ高い断崖に聳えるアルカサル(王宮)は、スペインで最も美しい城といわれ、ディズニー映画「白雪姫」に登場する城のモデルになっています。アルカサルは、ローマ時代に建築された要塞を起源とし、12世紀にカスティリャ王国アルフォンソ6世によって街の防衛強化のため改築されました。

▲目次に戻る

セゴビアの水道橋

セゴビア旧市街と水道橋古代ローマの時代に造られた水道橋は、2000年も前にローマ人が石を積み上げ、山からの水をセゴビアの町に運んだ橋です。かつてはその橋柱の間を馬車が行き交い、20数年前には観光バスさえ通り抜けていました。その長さは813m、高さは28.5mにもなります。

▲目次に戻る

セゴビア大聖堂

セゴビア大聖堂(カテドラル)|セゴビアの旧市街とローマ水道橋 (2)建設開始から200年以上もかけて建設された大聖堂は、ルネサンス期の建築物にも拘らずゴシック様式で建造された、スペイン最後のゴシック建築です。薄いオレンジ色の外壁、スカートの裾を広げたような気品ある美しい佇まいから「大聖堂の貴婦人」と呼ばれています。

▲目次に戻る

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す