スホクラントとその周辺



スホクラントとその周辺

スホクラントとその周辺はオランダ北部のアイセル湖付近、元はゾイデル海に浮かぶ島であった場所です。19世紀以前島は独自の方言や文化を育まれた土地でしたが、高潮で危険であるとして19世紀に放棄されました。以降水没の危機にあった島を救うべく、土木技師でオランダの水利委員会の大臣であったコルネリス・レリー博士により、1942年には、ゾイデル海開発の一環となる北東ポルダー干拓工事によって陸続きとなりました。

しかし、干拓地の中でも、もとの島の部分のみ隆起しており、かつての島がわかるようになっていて、水際の擁壁の一部が昔のまま残されています。アイセル湖はその際に、取り残された部分となっています。現在は、新たな入植者と元の住人がもどり農業を営む土地となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す