アルダシール宮殿 By Ahura21 - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ファールス地方のササン朝の考古学的景観

2018年バーレーンの首都マナーマで開催された第42回世界遺産委員会において、イランの「ファールス地方のササン朝の考古学的景観」が世界文化遺産として登録されました。イランでは23件目の世界遺産になります。

ファールス地方のササン朝の考古学的景観

「ファールス地方のササン朝の考古学的景観」は、イラン南部に位置するファールス地方に残る、ササン朝時代の8件の考古遺跡をまとめたシリアルノミネーション・サイトです。

ササン朝は224~658年にかけてペルシアの地で栄えました。

「ファールス地方のササン朝の考古学的景観」構成資産

  • フィルザバードのカレー・ドフタル
  • アルダシール1世の任官のレリーフ
  • 勝利のレリーフ
  • アルダシール・クレフ
  • アルダシール宮殿
  • ビシャプールのカレー・ペサール
  • シャプールの洞窟
  • サルベスターンのサルベスターン記念碑(ササン宮殿)

UNESCOのツイート

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産