サラズム – 原始都市遺跡



サラズム – 原始都市遺跡

サラズムはタジキスタン北西部の古代都市で、ソグド州のパンジャケント地区に位置します。サラズムの位置はザラフシャン渓谷の初期のステップの存在を示しています。

紀元前4000~3000年頃までの中央アジアに人々が定住していたことを示しており、都市が形成されていく発展過程も知ることができます。また、遊牧民が家畜を放牧できる山や高原があり、灌漑しやすく農耕に適した土地に恵まれ、交易も盛んに行われました。

約5000年前、サラズムは中央アジアにおける金属製品生産の中心地となり、周辺地域に輸出を行なっていました。インド・イラン語派の民族が侵入した紀元前2000年頃に都市としての役割を終えたと考えられています。

その後、サラズムは付近にあるトルコ石の産出地から集積を行う鉱山地域として復活したと考えられています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す