サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城



キューバの「サンティアゴ・デ・クーバ」は、かつてスペイン植民地であった時代に、その首都として発展したという歴史を有しています。この街にある「サンティアーゴ・デ・クーバ湾」には、その時代の歴史を今に伝える建造物の一つが残されています。それが、1997年に世界遺産として登録された「サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城」です。

サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城

世界遺産 サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城

©Family Trips To Cuba

この城の建造が最初に着手されたのは、16世紀末期のことです。この時期は、スペインが誇っていた「無敵艦隊」が、イギリスに敗北を喫した頃に該当しており、そのことが契機となり、サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城の建設が行われたと言われています。
その後、17世紀になって、城塞は強化されましたが、英国による破壊の憂き目にあい17世紀後半に修復が行われたと言われています。その後、複数回、地震による損壊を経験しており、その度に修復が行われました。
この城塞が歴史上果たした役割は大きく、軍用の施設として活用され続けてきたと言われています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す