サンギラン初期人類遺跡



サンギラン初期人類遺跡

サンギラン初期人類遺跡はインドネシアのジャワ島の東側中央辺りにある町ソロの近く、サンギラン周辺地域で発見されたピテカントロプス・エレクトゥス、通称ジャワ原人の人類化石の宝庫地です。

1891年オランダ人医師デュボアによって最初の化石が見つかって以来、世界中で発見された人類化石のおよそ半分が、インドネシアのサンギラン周辺地域で発掘されています。

サンギラン一帯は、古代には海で、そして沼地になりました。20万年前に土地の隆起が起こったため、50万年~80万年前の地層が現れ、その結果70万年~110万年前の猿でもない人間でもない「直立猿人」の化石が発見されたのです。これらの発掘物の一部はサンギラン博物館におさめられています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す