サンガネブ海洋国立公園とドゥンゴナブ湾=ムッカワル島海洋国立公園

「サンガネブ海洋国立公園とドゥンゴナブ湾=ムッカワル島海洋国立公園」は、2016年トルコイスタンブルで開催された第40回世界遺産委員会において新規登録されたスーダンの世界自然遺産です。

サンガネブ海洋国立公園

本遺産は、スーダン東部に面する紅海にある「サンガネブ海洋国立公園」と「ドゥンゴナブ湾=ムッカワル島海洋国立公園」の2つの国立公園からなります。

サンガネブ海洋国立公園は、世界最北端にある紅海上に浮かぶ環礁です。

ドゥンゴナブ湾=ムッカワル島海洋国立公園

一方、ドンゴナーブ湾=ムッカワル島海洋国立公園は、ムッカワル島などを中心とした島嶼部に広がる国立公園で、サンゴ礁やマングローブ林、湿地など様々な生態系を有しています。

また、クジラやマンタ、ウミガメ、ジュゴンなど絶滅危惧種が数多く生息しており、大型海洋生物の貴重な生息域です。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す