サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚群



サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚群

スウェーデンが属しているスカンジナビア半島には、同半島の青銅器時代を代表する貴重な遺跡が残されています。この遺跡は、青銅器時代に、死者を埋葬するために使われていた場所であると考えられており、埋葬地であったと考えられている範囲内には、33個の墳墓が現存しています。
この遺跡は、1999年に、サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚群として世界遺産に登録されました。

サンマルラハデンマキの石塚群は、紀元前1500年から紀元前500年位までに該当する頃に造られたものではないかと推定されています。そのため、この遺跡は、青銅器時代の、スカンジナビア半島における、死に対する価値観や風習などを考察する上で、大変貴重なものとなっています。

サンマルラハデンマキの石塚群において、特に有名なものとしては、「教会/聖堂の床」と呼ばれる珍しいタイプの墓を挙げることができます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す