サマイパタの砦



サマイパタの砦

サマイパタの砦は、南米ボリビアのサンタ・クルス県オリエンタル山脈の標高1950mに位置する考古学的な遺跡であり、1998年に世界遺産に登録されました。

面積0.4km2のサマイパタの要塞の遺跡には、赤い砂岩で、人間やジャガー、ピューマ、ヘビ、レア(アメリカダチョウ)などの動物、運河や階段などが彫られています。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。

サマイパタの砦は、砦と呼ばれていても実際には軍事拠点ではなく、コロンブス到達以前の宗教的な遺跡で、エル・フエルテ遺跡とも呼ばれます。建造した先住民族は特定されていません。

観光客が歩き回ることで岩に刻まれたシンボル群に損傷が見られることから、内部はこれ以上の損傷を避けるために閉鎖されていますが、そのほとんどはまだ見学可能です。遺跡へのアクセスは容易で、サマイパタの町から連絡バスが何台も出ています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す