サルーム・デルタ



サルーム・デルタ

サルーム・デルタは2011年に登録された、アフリカ・セネガルの世界遺産です。サルーム川など3つの川によって形作られた西アフリカ大西洋岸のセネガルにある5000km2もの面積の広大なデルタ地帯で、貝類も含めた漁業が人々の生活を支えてきた痕跡が残っています。

このデルタ地帯には、200以上の島々、マングローブの森、太平洋の海洋環境や乾燥林、汽水域の水路などがあります。また218の貝塚が発見されており、中には何世代にもわたって積み上げられた数百mにおよぶ貝塚もあるのです。

塚の形をした28の埋葬地は古墳と言える格調のあるもので、考古学的な価値の高い埋葬品も発掘されていて、西アフリカ沿岸地域で人類がどのようなプロセスで定住に移行していったか、どのような生活を営んできたかを知るためにきわめて貴重なものであり、サルーム-デルタ地帯のさまざまな時代の文化を理解するための貴重な歴史的資料です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す