聖カタリナ修道院地域

聖カタリナ修道院地域

エジプトのシナイ半島にあるシナイ山には、聖カタリナ修道院という宗教的建造物が存在しています。この修道院は、聖カタリナ修道院地域として、2002年に世界遺産に登録されました。

聖カタリナ修道院は、6世紀頃に建造された宗教施設であると考えられており、キリスト教の一派である正教会による教会となっています。同修道院には、キリスト教に関係する多数の資料が保管されており、それらは非常に貴重なものとなっています。

さて、聖カタリナ修道院が存在しているシナイ山は、旧約聖書の逸話である、モーセが「十戒」を授かった場所であると考えられており、宗教的にも大きな意味を持っている山として知られています。そのため、シナイ山はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教などによる聖地と考えられています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産